栃木不明女性の口座から800万円引き出し 詐欺容疑で男女を逮捕【2015年5月25日】

 栃木県真岡(もおか)市の民家で、行方不明になっていた宇都宮市の接客業、平沢愛実(まなみ)さん=失踪当時(21)=とみられる遺体が見つかった事件で、平沢さんが失踪直後に殺害された可能性が高いことが23日、分かった。

平沢さんの預金口座から現金を引き出したとして詐欺容疑で逮捕された会社員の石崎康弘容疑者(42)と無職の手面(てづら)真弥容疑者(25)が「(平沢さんの)首を絞めた。カネの一部は借金返済に充てた」などと供述していることも分かった。県警は2人の関係先から平沢さん名義の預金通帳や印鑑、詐取した現金の残りなどを押収しており、裏付け捜査を急いでいる。
男女2人は平沢さんの通帳や印鑑を使って800万円を不正に引き出した疑いが持たれており、平沢さんを装った手面容疑者が4月6日に宇都宮市内の金融機関を訪れ、窓口で引き出す様子が防犯カメラに写っていた。県警は、石崎容疑者と手面容疑者が共謀して何らかの形で平沢さんを誘い出して殺害、現金を引き出したとの見方を強めている。
犯罪を未然に防ぐお手伝いは防犯カメラ.comまでお気軽にhttp://securitycamera-rental.com/

新着情報

過去のお知らせ一覧

カテゴリー