消火器窃盗で逮捕、器物破損と関連捜査【2015年5月14日】

消火器盗んで逮捕…

  

盗みの疑いで逮捕されたのは、金山町下野明の会社員柿崎正樹容疑者(20)と新庄市に住む無職の18歳の少年だ。警察の調べによると、2人は、先月13日の午前0時15分ごろ、新庄市内のパチンコ店の立体駐車場に設置されていた、消火器2本を盗んだ疑いが持たれている。防犯カメラの映像などから2人が容疑者として浮かんだ。

新庄市では、先月12日夜から14日朝にかけて、新庄市農村環境改善センターの体育館で、出入り口などの窓ガラス11枚が割られ、床に消火剤がまかれる事件が発生し、警察に被害届が出されている。

警察は、今回の窃盗事件と消火剤がまかれた時期が重なることから、関連を捜査している。

新着情報

過去のお知らせ一覧

カテゴリー